【イボが増える!!】首イボをゼッタイにハサミで切らない方がいい3つのワケ!

MENU

【首イボの取り方】首イボをゼッタイにハサミで切らない方がいい3つのワケ!

首イボにハサミ

 

首に出来たいぼをハサミで切ってはいけない方法について書いています。皮膚科などの病院でもハサミで切る治療がありますが、自分で切る場合はイボが悪化したり、最悪増えたりしてしまいます。首イボをはさみで切らないほうがいい3つ理由を見てみてください。

 

大量に出血する可能性がある 

首イボは簡単に取れそうなものがありますよね。ハサミで一機に切り取ってしまおうなんて考える方もいるのではないでしょうか。しかし首イボは絶対に自分でハサミで切り取ってはいけません。その理由の一つは出血するため。イボは表面にボツボツとできますが、あくまでも皮膚の一部です。ハサミで切るのは肌の一部を切り落とすことと同じなのです。場合によってはかなりの出血量があり、ウイルス性の場合だとほかの部位に感染が広がる可能性も出てきてしまいます。 

 

化膿する 

首イボをハサミで切り取ると、ハサミの刃に付着した雑菌により化膿する可能性があります。本来は医療機関で、医療用のハサミを使用して施術が必要です。自分でハサミを使った方法は衛生的に悪く、なによりも痛みがある点も忘れてはいけませんね。首イボはひとつだけでなく、首や胸にも広がります。無理なケア方法は逆に治りを遅くする原因になりますよ。

 

傷跡が残る 

ハサミで首イボを切り取ると、跡が残り逆に目立ってしまう場合があります。首はとても皮膚がデリケートで、刺激を与えると肌の働きも低下してしまいます。ハサミの傷は角質層の奥までダメージを与えるため、一生消えない傷として残る可能性もありますよ。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

老人性のイボに効果のあるクリームランキングはコチラ