ウィルス性の首イボになる原因について

MENU

ウィルス性の首イボになる原因について

 

ウィルス性イボ 原因 

 

首に出来るイボにも種類があります。種類は大きく分けて「体質によるイボ」「老人性のイボ」「ウィルス性のイボ」の3種類がありますが、ここでは『ウィルス性のイボ』について解説します。老人性のイボだと思っていたら、実はウィルス性のイボだったということもありますので、ウィルス性のイボがどんなイボなのか??ぜひチェックしてみてくださいね。

ウイルス性の首イボってなに?

 

医学的には疣贅(ゆうぜい)と呼ばれるイボですが、見た目も原因もそれぞれ異なります。首イボはとても目立ち、放置しておくと数が増え、イボのサイズが大きくなるなどそれぞれ特徴があります。ほとんどの首イボは肌の老化が原因になりますが、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれるウイルス性のイボもあります。表面が硬くボツボツの状態。手足や顔にできることがあり、透明や無色のイボである点が特徴です。

 

ウイルス性のイボが出来る原因について

 

ウイルス性イボの原因は、ヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスが、肌の傷から侵入して増殖することが原因です。イボを触った指でほかの体部位や他人に触れると、イボが移る可能性がありますので、ケア方法には十分注意が必要になります。他にも扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)、がんによるウイルス性イボなどがありますが、症状やイボの大きさなどはそれぞれ異なります。

 

ウイルス性のイボを治す方法はある?

 

ウイルス性イボを治療するためには、病院で治療することが必要です。液体窒素やハサミで切除する方法、または内服薬や市販の治療薬など。不安な場合は自己判断せず医療機関で相談しましょう。

 

 

首イボに効果のあるクリームランキングはコチラ≪