【首イボ治療】病院での治療費や通院の期間について徹底まとめ

MENU

【首イボ治療】病院での治療費や通院の期間について徹底まとめ

首イボ 治療 

 

首のイボは専用のジェルやクリームを使うことで、自宅で治すことも出来ます。しかし皮膚科など病院でも治療を行うことが出来ます。ここでは首イボの治療方法の種類や治療の費用、期間について書いています。参考してみてください。

首イボの治療方法の種類 

 

首イボのなかでも一番多いのが老人性イボ。取れそうでとれないボツボツは、皮膚科などの医療機関でとってもらう事が可能です。早速治療方法の種類を見ていきましょう。

 

・液体窒素 

イボをマイナス200度に冷凍し、組織を凍らせてとる方法。治療後は色素沈着や、かさぶたになる可能性があります。

 

・医療用ハサミで切り取る 

局部麻酔をして医療用ハサミでイボを切り取ります。

 

・レーザー治療 

炭酸ガスをイボにあてて切り取る方法です。

 

治療費用について 

 

冷凍窒素を使用する治療費用は、約イボ一つにき500円前後といわれています。ハサミで切除する場合は一つにつき5,000円~8,000円。レーザー治療は一つにつき1000円~2000円程度。首イボは広範囲にわたり数が多い場合もありますので、治療費用には個人差があります。またレーザー治療は美容外科で行うこともあり、保険適用外になるケースも多いようですね。それ以外の治療は保険内で治療が可能になりますので、まずは病院で相談してみましょう。

 

治療にかかる通院期間について

 

首イボはレーザーやハサミを使う方法は治療期間は1日で完了することがほとんど。液体窒素は何度か通院するケースもあります。首イボを医療機関で取ってもらうには、皮膚科や美容外科でまずはカウンセリングを受けてみましょう。

 

 

≫首イボは自宅のケアで治せます!!自宅ケアにおすすめ商品ランキング≪