【イボが再発する!?】首イボを液体窒素で治療すると再発するの?

MENU

【イボが再発する!?】首イボを液体窒素で治療すると再発するの?

首イボを液体窒素

 

首イボを治す方法として、首イボの専用ジェルやクリームを塗る方法や、病院でのレーザー治療がありますが、ここでは最近一般化してきた、液体窒素について書いています。首イボを液体窒素で治療する
デメリットなども書いているので参考にしてください。

 

首イボの液体窒素での治療について【目次】

液体窒素の首イボ治療とはどんな方法? 

 

液体窒素はマイナス196度の液体窒素を、綿棒のような先端の細いもので首イボに付着させる方法。一瞬冷たい感じがありますが、2,3回繰り返して液体窒素で治療をすると首イボの組織が破壊される仕組みになっています。

 

跡に残りやすい?

 

液体窒素で首イボを治療した後は、1週間~2週間でかさぶたになり、イボがなくなります。しかし肌に刺激を与えるため、メラニン色素が刺激され、色素沈着を起こし跡に残ってしまう場合があります。完全に元の肌の状態になるには、1年前後かかる場合もありますので、施術後は紫外線予防などにも注意して肌をデリケートにケアしたほうがよいでしょう。

 

再発の可能性について 

 

首イボを液体窒素で取り除いても、また再発する可能性があります。首イボには種類が色々ありますが、もっとも多い老人性イボは肌の老化が原因です。予防をするためには、毎日のお手入れがとても大切。液体窒素の効果はありますが、跡に残ることや根本的な原因の改善ができない点などは理解しておきたいですね。施術をした後は、再発しないように日頃から首のマッサージを行うと良いでしょう。また生活習慣や食生活などにも注意して、肌の細胞を活発にすることも重要です。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

老人性のイボに効果のあるクリームランキングはコチラ